BMキャピタル(ビーエムキャピタル)の詳細

【BMキャピタルの評判・口コミ】得体の知れない私募ファンドBM CAPITALの噂・・・?

【BMキャピタルの評判・口コミ】得体の知れない私募ファンドBM CAPITALの噂・・・?

BMキャピタルは私募ファンドなので、公式情報が中々出てきません。

人間、「知らないものは怖い」ということで、BMキャピタルについてもそのような不安を抱く人もいるのかもしれません。

10年程運用をしている国内老舗ヘッジファンドであり、規模も大きくなっていますのでそろそろ様々な評判が飛び交う時期なのかもしれませんが、どのような評判が今はあるのかを見ていきたいと思います。

 

BMキャピタルの概要

BM CAPITALの概要は以下の通りです。

名称 ビーエムキャピタル合同会社
英名 BM CAPITAL LLC
所在地 〒106-0032
東京都港区六本木7-18-1
電話番号 03-3403-2508
事業目的 金融商品取引法に基づく有価証券及びデリバティブ取引
各種事業への投資
有価証券の自己募集
経営コンサルティング業務

 

さらなる詳細は以下にまとめています。

あわせて読みたい
BMキャピタルの社長の森山武利氏ってどんな人!?ファンドマネージャーやオフィスなど会社概要を纏める。
国内ヘッジファンド・BMキャピタルの社長の森山武利氏ってどんな人?ファンドマネージャーやオフィスなど会社概要を纏める。BMキャピタルは私募ファンドであるため情報があまり出てきません。 実際、筆者も最初はどのようなファンドかわからずに不安に思っていま...

 

また、BMキャピタルは投資手法としてバリュー株投資を採用しています。こちらについても詳しくは過去にまとめた記事があります。

あわせて読みたい
BMキャピタルの投資手法:バリュー株投資とは?「ネットネット株」の弱点をアクティビスト戦略で補完した攻守を兼ね備えたアセットマネジメントとは?
BMキャピタルの投資手法:バリュー株投資とは?「ネットネット株」の弱点をアクティビスト戦略で補完した攻守を兼ね備えたアセットマネジメントとは?BMキャピタルは下落耐性が強く、株式市場が大きく下落しても(リーマンショック、コロナショックなど)マイナスを出さずに安定したリターンを獲...
あわせて読みたい
BMキャピタルのキクカワエンタープライズへのバリュー株投資事例(割安ネットネット株)
BMキャピタルのキクカワエンタープライズへのバリュー株投資事例(割安ネットネット株)BMキャピタルは玄人投資とも言われるバリュー株投資を実践しており堅実なリターンを出し続けています。 今回は、同社のバリュー株投資を...
あわせて読みたい
BMキャピタルの過去の投資事例をチェック!金下建設に対するバリュー投資
BMキャピタルの過去の投資事例をチェック!金下建設に対するバリュー投資BMキャピタルは玄人投資とも言われるバリュー株投資を実践しており堅実なリターンを出し続けています。 今回は、同社のバリュー株投資を...

 

BMキャピタルの悪い評判

基本的には、ネット上に落ちているものの他に、筆者が出資を検討している人の話を聞く限りでは「最低出資額が1000万円と少しハードルが高い」、「毎年10%の利回りでは物足りない」といったものが多い印象でした。

しかし、そもそも最低1000万円のハードルを下げると小口の出資者が増えてしまいファンド運営に影響が出ますし、そもそもヘッジファンドとは大口の出資金しか集めません。私募ファンドの特性上、公募の投信とは異なりとにかく人を集めることを目指す組織体ではなく、少数の大口を集め、大きくリターンを出していくものです。

 

ハードルが高い人はそもそも受け入れていないということになります。また「毎年10%の利回りでは物足りない」というのは、流石に資産運用の勉強をもう少しした方が良いと思います。

プロでさえ毎年安定して10%勝つのは難しいです。寧ろこれ以上の、例えば年30%や40%などの数字が出てきたらほぼ100%ポンジスキームを疑った方が良いと思います。

 

総じての評判

同じく出資している人の話を聞くと、またBMキャピタルは運営メンバー全員が同じく投資しているようで、話は一致します。

投資理論に基づいて堅実なリターンを積み重ねることに重きを置いた運用を希望しての出資者がほとんどですので、今のところ成果を出しており評判は良いですね。

 

堅実にプラスを積み重ねることが資産の大幅増加の最大の近道となる、と理解できる金融リテラシーの高い出資者が多いと想像しています。

何よりも暴落時にしっかり資産が守られることに対しての評判が大きいように思います。

 

尚、時折BMキャピタルで損を出したという話も2、3回聞いたことがあります。同ファンドのロックアップ期間は3ヶ月であり、「非常に短期」で引き出せてしまうことからもそのような結果になってしまったのではないかと思います(ヘッジファンドを超短期投資・・・?)。

短期投資目的でBMキャピタルに投資をするのは全くの間違った投資です。数年以上は運用する前提ではないと良いリターンは出ない投資を実践しているファンドですし、複利を実感するにも短期で解約してしまってはどうしようもないです。(そもそも短期で大きな利益獲得ができるファンドが本当に実在するのであれば筆者が知りたいくらいです)

 

インターネットでの口コミ

投資をまだ実施していない人がほとんどですね。私募ファンドなので当然といえば当然ですね。

 

 

口コミ

 

まとめ

公に情報が出ていないこともあり、怪しむ声もたまに見かけますが、私募ファンドの宿命とも言えますね。

興味のある方は面談をして自分で見極めるのが良いでしょう。面談で必ず聞くべきなのは、以下です。

  1. ファンドマネジャー、運営メンバーの経歴
  2. 過去の運用実績
  3. 投資手法について(バリュー株投資とは)
  4. 今後の運用方針について
  5. 具体的な契約方法など