他のファンドや投資信託と比較

スカイプレミアムは運用先としてどうか?営業停止?BMキャピタルからの乗り換えはアリなのか?

スカイプレミアムは運用先としてどうか?営業停止?BMキャピタルからの乗り換えはアリなのか?

様々なファンドを検討していた際に、投資はしませんでしたがスカイプレミアムという海外のファンドがあることは薄っすら気づいていました。運用がFXと聞いた瞬間に興ざめしてしまいましたが。

高い運用利回りとのことで、BMキャピタルから乗り換えるのはアリなファンドなのかを今回調べてみました。

 

スカイプレミアムとは?

運用会社名 SKY PREMIUM INTERNATIONAL PTE.LTD.
オフィス所在地 1 Raffles Place Office Tower 2 #38-61
Singapore 048616(シンガポール)
代表社長 不明
設立 2013年
投資対象(GQFX) FX
ファンドマネージャー(GQFX) 専門のトレードチームとEA(FXの自動売買プログラム)
最低投資額(GQFX) 100万円~
出資までの流れ(GQFX) 1.既存の投資者からの紹介で会員になる
2.電話やメールで出資手続き

 

SKY PREMIUMという会員向けにサービス提供する会社に入会して、様々なサービスが受けられるとのことでした。

スカイプレミアムは複数の投資商品にアクセスできるサービスを行なっています。最も人気があるのがライオンプレミアム(GQFX)」というFXで運用するファンドのようです。

FXの時点で、すでに私個人としてはそれは投資ではなく投機ですので興味を失ってしまいました。

 

スカイプレミアム(ライオンプレミアム)の運用リターンはどうなっているかというと、以下のような結果となっていました。

2019年:+17.56%
2020年:+14.52%

 

FXの割には堅実なリターンにはなっています。ここから成功報酬で半分近くが徴収され、また会員費がありますので、パフォーマンスは低いものになります。

最低出資額は100万円と敷居は低いですが、その100万円ももう少し堅実な投資に回した方が良いように思えます。

 

ポンジスキームが疑われているのは以下のような世界屈指のファンドと見間違えてしまうようなリターン、且つ毎月必ずプラスのパフォーマンスを公表しているからでしょう。毎年はあり得ても毎月はあり得ないと思います。

 

【2018年】

1月 + 1.8 %
2月 + 1.7 %
3月 + 3.4 %
4月 + 1.0 %
5月 + 2.8 %
6月 + 1.0 %
7月 + 2.4 %
8月 + 1.2 %
9月 + 2.4 %
10月 + 1.2 %
11月 + 1.3 %
12月 + 1.0 %
合計:+ 23.34 %

【2019年】
1月 + 1.4 %

2月 + 1.6 %
3月 + 1.4 %
4月 + 2.1 %
5月 + 2.2 %
6月 + 0.7 %
7月 + 1.2 %
8月 + 2.1 %
9月 + 0.7 %
10月 + 0.8 %
11月 + 1.3 %
12月 + 0.8 %
合計:+ 17.56 %

2020年
1月 + 0.8 %
2月 + 1.4 %
3月 + 2.2 %
4月 + 1.6 %
5月 + 0.7 %
6月 + 0.9 %
7月 + 1.5 %
8月 + 0.9 %
9月 + 0.4 %
10月 + 1.2 %
11月 + 1.1 %

 

スカイプレミアムは営業停止命令を受けた?

スカイプレミアムについて報道がありました。

SKY PREMIUM INTERNATIONAL PTE. LTD.(スカイプレミアムインターナショナル社)及びその役員1名による金融商品取引法違反行為に係る裁判所への禁止及び停止命令発出の申立てについて

 当社らは、金商法第29条所定の登録を受けずに、国内の一般投資家に対しエージェント約500人を介して、投資セミナーを開催するなどして、当社会員のみ契約可能な取扱商品である「LION PREMIUM※」(投資一任契約に基づく投資運用に該当する海外投資商品、以下「ライオンプレミアム」という。)について取得勧誘を行い、その後も申込書等の記載方法を助言・指示するなどして、当該商品につき顧客とThink Smart Trading社(当該商品に係る運用指示を行っているとされる主体。法人格の有無、実在性及び実態不明)との間の投資一任契約の締結の媒介を行っている。

公募ファンドではないのに、セミナーなどを開催し仲介業者が販売を行なっていたということでそれは間違いなくアウトですね。

私募ファンドは大々的な宣伝は認められていません。

スカイプレミアムの勧誘活動

エージェント500名にチェコスロバキア貿易銀行に、なんだか規格外ですね。

ヘッジファンド証券のように金融商品取引業者を登録すればよかったように思いますが。

 

あわせて読みたい
ヘッジファンド証券で優良ファンド投資?直接投資の国内バリューファンド・BMキャピタルと比較
ヘッジファンド証券で優良ファンド投資?直接投資の国内バリューファンド・BMキャピタルと比較ヘッジファンド証券について今回は調べてみました。 ヘッジファンド証券はヘッジファンドを販売する仲介の会社です。どのような商品を取り...

 

BMキャピタルと比較

比較しようがありませんでした。すでに営業停止であり、FXで月利が1-3%となっている時点で、投資を勉強してきた筆者からすれば比較対象ではありませんでした。

BMキャピタルは私募ファンドであり、合同会社で持分権販売スキームを活用してファンドを運営しています。仲介業者もおらず営業を行なっているのはBMキャピタル勤務の担当者です。

スカイプレミアムは金融商品取引業者登録なしで資金を集めており、単純にルール違反ですね。

 

まとめ

比較できるようなものではありませんでした。BMキャピタルの健全運営と堅実リターンを考えると、(今は不可能ですが)スカイプレミアムに乗り換えるという選択肢はないように思います。