他のファンドや投資信託と比較

ヘッジファンド証券で優良ファンド投資?直接投資の国内バリューファンド・BMキャピタルと比較

ヘッジファンド証券で優良ファンド投資?直接投資の国内バリューファンド・BMキャピタルと比較

ヘッジファンド証券について今回は調べてみました。

ヘッジファンド証券はヘッジファンドを販売する仲介の会社です。どのような商品を取り扱っているのでしょうか?

直接BMキャピタルに投資するのとどちらが良いのでしょうか?

ヘッジファンド証券とはどんな会社?

商号 ヘッジファンド証券株式会社
所在地 〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-1
霞が関コモンゲート西館32階
代表取締役 植頭 隆道
設立 2010年6月9日
資本金 1億6000万円
資格 第一種・第二種金融商品取引業

 

要するに証券会社ですね。株取り引きの引き受けもできますし、ファンドの募集の取り扱いも行います。

第一種金融商品取引業

証券業、金融先物取引業等のこと。流動性の高い有価証券の売買・勧誘、引受け、店頭デリバティブ取引、資産管理などを行う業務のこと。

【法令】金商法28条1項

第二種金融商品取引業

信託受益権の売買、売買の媒介、募集の取扱い(媒介)など、又は、ファンドの自己募集、募集の取扱い(媒介)などを業として行うこと。

日本証券業界

 

 

ヘッジファンド証券ではどのようなファンドが購入できるのか(エピック・ヘッジファンド・セレクション1

エピック・ヘッジファンド・セレクション1

エピック・ヘッジファンド・セレクション1は2019年3月に償還済みで、現在販売しておりません。現在は1口1000万円から購入可能な日本株ヘッジファンド運用商品を販売しております。お問い合わせはフリーダイヤル、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

 

そもそも取り扱っていたエピック・ヘッジファンド・セレクション1はすでに販売していませんでした。

日本株ヘッジファンドはどのようなものを運用しているのでしょうか。

 

ブログも2019年で止まっており、コラムも2014年で止まっているのでこれは・・・営業をしていないのでしょうか?

どんな商品を売っていたのかが気になりますので、エピック・ヘッジファンド・セレクション1だけ少し調べてみました。

 

エピック・ヘッジファンド・セレクション1

エピック・ヘッジファンド・セレクション1

運用はエピック・パートナーズ・インベストメンツ株式会社、ファンズオブファンズで運用ですね(ファンドがファンドを購入しリターンを獲得)。

ケイマン諸島籍の私募ファンドです。

 

最低出資額は2000万円ですが、ファンズオブファンズの形で100万円からとなっています。以下は機関投資家しか投資できないようなものだったのではないですかね。個人も投資できるようにファンズオブファンズを組成したのだと思います。

組入予定ファンド

日本株に投資をしていたようです。

当ファンドの運用実績

運用実績は3年分が公開されていますが、3年連続マイナスです。運用成績が悪く、顧客が離れたので販売も停止になったのではないでしょうか?

損を出さずにプラスを出し続けると、複利で利益はとてつもないことになりますが、逆も然り、損失を出し続けると損失も加速します。

 

投資対象ファンドの基準価額騰落率推移(諸費用控除後、税引前)

ファンズオブファンズまでして購入すべき私募ファンドだったのでしょうか。ブラウィスとレゾルーションは。ウィズダムは2016年で投資先から除名されています。ググってもあまり情報が出てきませんでした。私募ファンドですもんね。

 

TOPIXを下回り続けています。

≪ 『株式マーケット・ニュートラル戦略ファンド』と『TOPIX』のパフォーマンス比較 ≫

BMキャピタルの投資とエピック・ヘッジファンド・セレクション1を比較すると…

ヘッジファンド証券が取り扱っていたエピック・ヘッジファンド・セレクション1をまとめると以下の通りでした。

  • ファンズオブファンズで運用
  • 投資先はブラウィスとレゾルーション(ウィズダムは2016年で投資中止)
  • 運用実績は3年分、3年連続マイナス
  • TOPIXを下回るなど指数に対してアンダーパフォーム

 

現在は上記ファンドは購入できないのですが、BMキャピタルとあえて比較するのであれば、以下の通りと思います。

エピック・ヘッジファンド・セレクション1:BMキャピタル

  • ファンズオブファンズで運用:直接投資
  • 投資先はブラウィスとレゾルーション(ウィズダムは2016年で投資中止):日本バリュー株
  • 運用実績は3年分、3年連続マイナス:安定的にプラス、平均年利回り10%
  • TOPIXを下回るなど指数に対してアンダーパフォーム:TOPIXをアウトパフォーム

 

BMキャピタルのバリュー株投資は、リーマンショック、チャイナショック、コロナショックなど株式相場の大暴落を回避したという実績があります。

BMキャピタルは市況に合わせてイベントドリブン戦略も組み合わせていることが毎四半期ごとのレポートでは確認できており、非常に具体的且つシンプルです。

バリュー株投資とはウォーレン・バフェットの師匠であるバリュー投資の祖、ベンジャミングレアム氏が考案したネットネット株ですね。

あわせて読みたい
BMキャピタルの投資手法とは?ネットネット株の弱点をアクティビスト戦略で補完した攻守を兼ね備えた手法とは?
BMキャピタルの投資手法:バリュー株投資とは?ネットネット株の弱点をアクティビスト戦略で補完した攻守を兼ね備えた手法とは?BMキャピタルは下落をせずに安定したリターンを生み出せているファンドとして定評があります。 しかし、たまたま上記のようなリターンを...

 

イベントドリブン戦略とは、企業イベントの前後に発生する一時的な株価のミスプライスを利用しようとする投資戦略の一種です

イベント・ドリブン戦略は、企業イベントの分析に必要な専門知識を必要とするため、プライベート・エクイティやヘッジファンドで最もよく利用されています。

企業イベントの例としては、リストラ、合併・買収、倒産、スピンオフ、買収など。イベント・ドリブン戦略は、変化する時期に企業の株価が下落する傾向を利用するものです。

 

まとめ

ヘッジファンド証券がヘッジファンドを販売していても、エピック・ヘッジファンド・セレクション1のようなヘッジファンドを取り扱うのであればBMキャピタルの方が良いでしょう。