他のファンドや投資信託と比較

評判のエクシア合同会社(EXIA)とBMキャピタルをわかりやすく比較!運用成績やスキームから考えておすすめなのはどっち?

エクシア

エクシア合同会社とBMキャピタルは国内における有名二大ヘッジファンドとして検討している方も多いかと思います。

最初はFXで運用していると謳っていましたが、現在は多角化しています。最近では六本木の交差点などに看板を出していますね。

本日はエクシア合同会社がどのようなファンドなのかの概要をお伝えした上で、筆者が投資しているBMキャピタルと比較していきたいと思います。

エクシア合同会社の概要

まずはエクシア合同会社の概要について見ていきたいと思います。

商号 エクシア合同会社
設立 2015年4月
加入団体 日本貸金業協会会員
住所 〒106-6215
東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー15階
代表 菊池翔
事業内容 貸金業
Our Business 1.企業向け事業性融資事業
2.個人向け投資不動産用融資事業
3.プライベートエクイティ投資事業
4.外国為替証拠金取引(FX)

参照:エクシア合同会社HP

まず、加入団体や事業内容から貸金業ということ、更に事業内容の1番目と2番目が融資事業であることから本業が融資に切り替わったことが読み取れます。

この点はリターンの点でお伝えしますが、この事業で得られるのは現在の低金利の状況下ではせいぜい得られて年率3%-5%です。あとで詳述します。

また、CEOは菊池翔氏となっています。バブリーな顔をされていますね。

菊池翔

簡単に経歴をお伝えすると以下となります。

1996年:東京モード学園卒業
2008年:専業トレーダーへ転身
2015年:エクシアジャパン合同会社設立

東京モード学園は新宿のコクーンタワーに入っている専門学校ですね。ファッション専門学校なので金融とは全く関係ないですね。

経歴を見る限り個人で専業トレーダーとして延長線上としてヘッジファンドを立ち上げたということになります。

ではメインコンテンツのBMキャピタルとの比較を行なっていきたいと思います。BMキャピタルの概要については以下でお伝えしています。

あわせて読みたい
六本木セブン
BMキャピタルの社長の森山武利氏ってどんな人!?ファンドマネージャーやオフィスなど会社概要を纏める。BMキャピタルは私募ファンドであるため情報があまり出てきません。 実際、筆者も最初はどのようなファンドかわからずに不安に思っていま...

運用手法の比較

まずは運用手法についてです。

エクシアジャパンは融資事業とFXで運用

最初はエクシアジャパンはFX運用を大々的に謳っていました。

しかし、先ほど会社概要でも見てきた通り最近では融資を主な事業内容として押し出しています。投資対象は国内外の投資事業者や不動産事業者となっています。

直近では立ち上げた以下の関連会社に融資を行い、その会社に融資して利子を受け取っています。

アセットマネジメントは何に投資している会社かはHPからは見受けられません。

また、デジタル・アセット株式会社はc0banという仮想通貨取引所を運営する会社を買収して誕生した会社です。正直、大手ではないですね。仮想通貨価格が下落すると買収価格を回収できなくなる可能性もあります。

また、全面に押し出してはいませんが従来のFXの自己資金での運用もおこなっているそうです。

BMキャピタルはアクティビスト戦略を組み合わせたバリュー株投資

BMキャピタルは王道の株式投資を実践しています。

下落耐性を高めるためにベンジャミン・グレアムの流れを組む本格的なバリュー株投資を実践しています。

さらに能動的に株価を引き上げるために「物言う株主」としてのアクティビスト戦略を実践しています。詳しい内容については以下で詳しく取り上げていますので参考にしていただければと思います。

あわせて読みたい
BMキャピタルの投資手法とは?ネットネット株の弱点をアクティビスト戦略で補完した攻守を兼ね備えた手法とは?
BMキャピタルの投資手法:バリュー株投資とは?ネットネット株の弱点をアクティビスト戦略で補完した攻守を兼ね備えた手法とは?BMキャピタルは下落をせずに安定したリターンを生み出せているファンドとして定評があります。 しかし、たまたま上記のようなリターンを...

運用成績の比較

では肝心の運用成績について見ていきましょう。

疑惑の高すぎるエクシアの運用成績

まずはエクシアの運用成績についてみていきましょう。

年度 年利 月利
2017年 43.89% 3.66%
2018年 44.01% 3.67%
2019年 35.33% 2.94%
2020年 38.30% 3.19%

年率平均40%程度、月利で3%程度の非常に高いリターンとなっています。投資の神様であるバフェットですら年率平均20%のリターンなので異常なリターンですね。

また、月次リターンも毎月プラスのリターンになっています。本当なら凄いことですね。ただ、あくまで私の感想ですが、このリターンについては非常に懐疑的です。

まず、融資事業で得られるリターンというのは、現在の世界的な低金利環境下ではせいぜい年率2%から高くても5%です。またFXはゼロサムゲームです。毎月プラスのリターンというのはなかなか考えられません。

毎月プラスの高すぎるリターンを継続しているのはポンジスキームが疑われます。あくまで疑惑なので断定ではありません。

ポンジスキームというのは実際には運用せずに集めた資金を既存の投資家に分配する詐欺スキームです。ポンジスキームは新規出資者の数が少なくなると蒸発します。エクシアは後でお伝えする解約条件も非常に怪しいものとなっており、筆者は投資を諦めました。

BMキャピタルの運用成績

BMキャピタルは純粋なリターンは2013年からの年率平均リターンは17%となっています。手数料後で10%程度を実現しています。

全世界株式のリターンが年率平均で4%-5%であることを考えると十分に高いリターンであると言えます。年率10%で運用すれば7年で資産が2倍になります。

危ない投資に手をださずに堅実に資産を増やしていくことができるのです。更に重要なのは下落耐性の高さです。

BMキャピタルは2013年の運用開始以降、月次ベースではマイナスになる月もありますが年次ベースでマイナスのリターンとなったことはありません。下落耐性の高さが人気を読んでいる大きな要因となっています。

解約条件を比較

私募ファンドに投資を行う際は解約条件をしっかりと確認する必要があります。

エクシアの解約には制限が設けられている

エクシアでは毎月解約申請を行うことができますが、エクシア全体として毎月解約上限がきめられています。

そのため、引き出そうとしても上限に達していた場合は引き出すことができなくなり、その場合は更に3ヶ月待たなければいけません。

上限金額については非公開なため、エクシアが引き出し上限に達していると発表してしまえばいつまでたっても解約することが出来ない可能性が存在しています。

ポンジスキームの特徴として解約させないための条項が設けられているという点があります。まさに、この点が筆者としては非常ん怪しいと思っている点です。

引き出すことが出来なかったら意味ないどころか、元本そのものを失ってしまう可能性がありますからね。そのようなリスクも十分あると考えておくべきです。

BMキャピタルは四半期毎に引き出し可能

一方、BMキャピタルは四半期毎に全額又は一部引き出し可能です。

ヘッジファンドは基本的に資金引き出しができないロックアップ期間が設けられており、基本的には半年から1年で設定されています。BMキャピタルの四半期というのは非常に良心的な期間設定であるということができるでしょう。

実際、筆者も一度、資金が必要となり一部引き出しており、解約は滞りなく可能であること確認済となっています。

ファンドマネージャーを比較

ヘッジファンドにおいて最も重要なのがファンドマネージャーです。同じ運用手法でも誰が行うかによって全く成績は変わってきます。

エクシアのファンドマネージーは菊池翔氏ですが、ファッション専門学校であるモード学園出身です。経歴がそもそも金融ではありません。

また、運用手法についていかのように語っています。

独学で金融トレーダーとしての知識と経験を積み上げ、ヒストリカルデータを利用する多種多様なテクニカル分析、世界の経済情勢や経済指標、要人発言を要因とするファンダメンタルズ分析はもとより、月の満ち欠けや惑星配置、惑星同士が特定の角度を形成するタイミングとマーケットの相関を利用した金融占星術まで「金融市場の理」を探求。2011年から、国内外のヘッジファンドにおいて為替トレーダーを務め、僅か15営業日での利益率2,520%という驚異的なトラックレコードを記録する。

引用:BIZREACH エクシア合同会社

金融市場で真剣に戦っている方が占星術や月の満ち欠けといった事象を参考にしているということで申し訳ないですが胡散臭いという印象をもってしまいます。

一方、BMキャピタルは東大時代から実業家として蓄えた資金で運用を開始した天才系のファンドマネージャーによって運用がなされています。また卒業後も英国系一流投資銀行のBarclaysで勤務しておりエリート街道をひた走っている方によって運用がなされています。

運用理論も王道のバリュー株を極限まで高めた手法で行なっており、経歴と運用手法と実績ともに疑いようがありません。

投資条件の比較

エクシア合同会社は1口100万円から投資が可能となっています。ヘッジファンドとしては非常に少額から投資ができるように設定されています。

ポンジスキームが疑われるエクシアは兎に角多くの方から大量の資金を迅速に集める必要があるので資金の閾値が低く設定されているという可能性を考えています。

一方、BMキャピタルは1000万円から投資可能となっています。閾値が高いように思われますが、海外のヘッジファンドでは1億円以上が普通であることを考えると良心的な水準となっています。また、場合によっては1000万円未満でも投資することが可能となっています。

あわせて読みたい
BMキャピタルの最低出資額とロックアップ期間をわかりやすく解説!1000万円以下でも投資可能なのか?
BMキャピタルの最低出資額と解約条件をわかりやすく解説!1000万円以下でも投資可能なのか?BMキャピタルは筆者のポートフォリオの核をなすファンドです。既に投資を始めて6年目の古株となっています。 本日はBMキャピタルに出...

まとめ

エクシア合同会社とBMキャピタルについて纏めてきた内容は以下となります。

事業内容 融資
FX
株式投資
運用手法 不透明感強い バリュー株投資

アクティビスト戦略
リターン 年40%程度
融資とFXで可能と思えない
年10%程度(手数料控除後)
過去下落の年はなし
解約 抽選のような形式
引き出せない可能性あり
四半期に一度全部又は一部可能
運用者 ファッション専門学校卒 東大卒外資系金融出身
最低出資金 100万円 1000万円
1000万円未満でも相談可